ホーム  > イベント  > 第五回学術大会

ITヘルスケア学会 第5回学術大会



[更新情報]

2011/06/01 プログラム・交通案内を掲載しました。

2011/02/01 事前参加登録を開始しました。(終了しました)
2010/12/01 一般演題募集を開始しました。(終了しました)
2010/10/02 大会ページをオープン



ITヘルスケア学会 第5回年次学術大会のご案内(第四報)



 会  期: 平成23年6月18日(土)13:00〜17:00
       平成23年6月19日(日)9:00〜13:00
 会  場: 大阪大学銀杏会館 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2
 テーマ: ITによる超領域の創成


会場へのアクセスは以下の交通案内をご覧ください。

*大阪大学吹田キャンパスまでのアクセス

  http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/accessmap.html

*吹田キャンパス内のアクセス(銀杏会館は52番です)

  http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/suita.html


第5回ITヘルスケア学会学術大会を下記の通り開催いたします。
会員各位には多数ご参加いただきますようご案内申し上げます。

学術大会長 大野 ゆう子 (大阪大学 教授)

このたび、IT ヘルスケア学会学術大会を大阪大学医学系研究科保健学専攻の数理保健学教室が担当させて戴くことになりました。ご推薦を戴きましたIT ヘルスケア学会理事および会員の皆様には深く感謝申し上げます。また、共催ご支援をいただきました、大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻(専攻長大橋一友教授)には厚く御礼申し上げます。

本学術大会が東京以外で開催されるのは初めてであり、今回の学会のテーマは「IT による超領域の創成」と致しました。これは、平成22 年4 月に我が国初の看工融合、看護工学講座が大阪大学保健学専攻に誕生したことと深い関係がございます。看護、介護、保健分野にIT を導入することにより、従来の看護学、医学、工学という領域を超えた、活発で柔軟性のある健康・医療サプライチェーン領域の創成を期待したテーマです。

今回も、一般演題にはたくさんのご応募を戴きました。プログラム委員による審議の結果、30 演題余を採択させて戴きました。今回は特に看護臨床に関係するご発表が多いことが特徴となっております。また、特別講演にはATR の野間春生先生より「ネットワークによる行動計測と医療支援への応用」というご講演を戴きます。シンポジウムでは猶本良夫先生(川崎医科大)、森川富昭先生(徳島大)、清水富男先生(社会医療法人愛仁会)より「医療情報の2次活用による病院経営と医療の質の評価」についてお話を戴きます。さらに、展示企業の方々につきましてもご発表戴く時間を設け、企業と研究者、現場の融合も図りたいと考えております。

会場の大阪大学吹田キャンパスは、京都、奈良、神戸、さらには四国へと足をのばせるところです。6 月の2 日間、大阪での学会を楽しんで戴ければ幸甚に存じます。

(第5回年次学術大会抄録集より)







問い合わせ先:第5回ITヘルスケア学会学術大会事務局 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1番7号
          大阪大学大学院医学系研究科数理保健学研究室 担当:清水        
         e-mail:ithc2011@sahs.med.osaka-u.ac.jp


ホーム  > イベント  > 第五回学術大会

2011-06-01